国内版 Redmi Note 11 Pro 5GのリリースがFCC認証通過、B42のキャリアアグリゲーションにも対応

先日、国内、おそらく楽天モバイルから展開される可能性が濃厚、という件についてお伝えしたシャオミの新型ミッドレンジモデル、Redmi Note 11 Pro 5G。

Snapdragon 695搭載でRedmi Note 11シリーズでは今のところ最上位モデルと言う位置づけの同モデルですが、今回、この国内版と思われるモデルがFCC認証を通過していたことが確認されました。

型番は220116SRでこれは先日お伝えしたのと同じ型番。

また、このFCC通過情報を先に伝えているBlog of mobileさんによると、末尾が型番の末尾がRのモデルは日本向けモデルである可能性が高いとのことです。

また、同モデルはLTEバンド42に対応。

主要キャリアでLTEバンド42を運用する国や地域は日本に限られるので、同モデルが国内版Redmi Note 11 Pro 5Gという事で間違いなさそうです。

Xiaomi/Redmiのミッドレンジモデルでバンド42に対応している機種は珍しいので、SIMフリーモデルとして展開されるのであればこれだけでも結構な魅力と言えそうです。

ちなみLTE Band42に対応、ということは同モデルが楽天モバイルからリリースされる可能性は低そう。
もちろん、楽天モバイル取り扱いの機種でも同バンド対応機種は存在するので確実ではありませんが。

ソース:FCC

Xiaomi・Redmi・POCO 最新情報
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました