Xperia 10 IIIのY!mobile版で「確認すべき項目が検知」で最新アプデの配信を中断

ソニーの2021年ミッドレンジモデル、Xperia 10 III。

国内ではドコモやau、Y!mobile、楽天モバイル(Lite)のキャリアやMVNOから幅広く展開されていますが、今回、同モデルのY!mobile版でアップデートの中断が発表されていました。

これによると、Yモバイルは同社の販売するXperia 10 III向けに3月7日より提供していたアップデート、「62.D.4.12」の提供を中断しているとのこと。

詳しい理由は不明ですが、「確認すべき項目が検知」されたとのことで、これはおそらく最新アップデートで何らかのバグや不具合が発見された、という事だと思われます。

現在、Xperia 10 III向けに提供されている最新ファームウェアはキャリア版もSIMフリー版も2月分セキュリティーパッチを含む同世代だと思われます。

一方、今回「検知」された何らかの問題が、このYモバイル版Xperia 10 III限定の問題なのかは不明

ただ、ファームウェアップデートによる不具合の場合、大抵はキャリアなどは無関係に発生することが多いので、Y!モバイル版で発生している問題があるとすればおそらく他のキャリアでも同じ問題があると考えた方が無難です。

よって、Y!モバイル版以外のXperia 10 III/10 III Liteユーザーの方でもまだこの最新ファームウェアにアップデートをしていない、という方がいれば少し様子を見た方が良いかもしれません。

ちなみにXperia 10 IIIではドコモ版のみに提供された12月分のセキュリティーアップデートでWi-Fiの自動接続ができなくなる、という不具合がありましたが、これについては既に修正済のはずです。

ソース:Y!mobile

おすすめのXperia関連情報:

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました