Xperia 1 IVのリークされた外観はまだ「未完成」?有名リーカーが意味深コメント

先ほど、有名リーカーのOneleaks氏がソニーの2022年新型フラッグシップ、Xperia 1 IVのレンダリング画像をリークした、という件についてお伝えしました。

これらの画像から分かる点として、このXperia 1 IVの外観はかなり前モデルのXperia 1 IIIと似ており、デザイン的にはマイナーチェンジとなりそう。

ただ今回、同モデルの外観についてWeibo上の有名リーカーが少し気になる発言をしていました。

Sony Xperia 1 IVのレンダリング画像がリークされましたが、これは最終バージョンではありません。一見すると、Xperia 1IIに追加された新色のグリーンであると考えられますが、過度のカットやR角度が微妙に違います。

「最終バージョンではない」というのはどういうことでしょう?

確かに一部ではXperia 1 IVのリリースが例年より遅めになるという情報はありますが、仮にそれが事実だとしても、この時期に同モデルの最終デザインが内部ですら確定していない、ということはないように思えます。

となると、今回リークされたレンダリング画像自体がまだデザインが最終決定する前の古いプロトタイプを基にしたもの、という可能性もありそうです。

Onleaks氏のリーク情報、特に外観レンダリング画像のリークに関しての過去の実績は世界一といっても過言ではないと思います。

ただ、常に100%正確、というわけではなく、最近ではGalaxy S22 Ultraの初期リークでカメラ周りのデザインが間違っており、のちに修正ということもありました。

また、かなり前ですが、Xperiaでも(確かXperia XAだったような)、前面のベゼル/ディスプレイの位置がのちに修正された例もあります。

ただ、Zackbucks氏も全体のデザインを否定している様子はなく、またOnleaks氏からのレンダリング画像が実物と大きくズレたことは過去に一度もありません。

そういった意味でこの「Xperia 1 IV」のデザインがXperia 1 IIIとかなり近いものになることはおそらく間違いないと思われます。

ソース:Weibo

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました