Galaxy S22 Ultraの望遠カメラ性能アップの秘密はペリスコープの構造変更にあり?

サムスンが先日発表した最新フラッグシップ、Galaxy S22シリーズの最上位モデル、Galaxy S22 Ultra。

S-Penの内臓が可能になるなど、デザイン的な変化は比較的大きい一方で、Galaxy S22やS22+とは対照的にカメラ周りのアップグレードはかなりマイナーなものにとどまっています。

一方、海外のレビュー記事を見ていると、このGalaxy S22 Ultraでは望遠カメラの性能が前モデルから大きくアップしているという評価が多く見られます

そして今回、このS22 Ultraの望遠撮影での画質アップの理由の一つと考えられる、興味深い情報がでてきました。

Galaxy S21 Ultra (上)とGalaxy S22 Ultra (下)の分解画像を比較したもので、今回のWeiboユーザーの投稿によると、S21 Ultraでは望遠倍率を上げた際に2つのプリズム反射だったものが、Galaxy S22 Ultraでは1つのプリズム反射のまま、とのこと。
そしてこれによって光学イメージングの画質劣化が小さくなるとのことです。

要は、ペリスコープカメラの構造が変わったことにより、プリズム反射の回数が減り、画質がアップしているという事だと思います。

ちなみにGalaxy S22 Ultraのペリスコープカメラのセンサーは1/3.52インチと、S22 Ultraの1/3.24インチよりも小さくなっています。

センサーサイズを小さくすることで、構造をより単純にすることができた、とも言えるのかもしれませんね。

ソース:Weibo

おすすめの関連記事:

Galaxy
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました