バランス変でしょ…16GB RAM搭載?のRedmi Note 11E Proのスペックがリーク

シャオミがグローバル向けに発表した最新ミッドレンジモデル、Redmi Note 11シリーズ。

Redmi Note 11、Redmi Note 11S、Redmi Note 11 Pro、Redmi Note 11 Pro 5Gという4機種展開で、国内でもこのうちのいくつかはリリースされることが確実視されていますが、まだ正式な発表はありません。

そんな中、このRedmi Note 11シリーズに少し奇妙な派生機種が存在することが判明しました。

GIZMOCHINAが中国の認証機関、TENAAで発見された情報を伝えたもので、モデル番号は「2201116SC」。

同サイトによると、このモデルはグローバル展開されるSnapdragon 695 5G搭載のRedmi Note 11 Pro 5Gの中国版で、Redmi Note 11E Proとしてリリースされる予定とのこと。

ただこのモデル、ちょっとスペックが不思議。

グローバル向けのRedmi Note 11 Pro 5Gのメモリおよびストレージは6GB/8GB、64GB/128GBですが、こちらのRedmi Note 11E Proとされるモデルはメモリが最大で16GB RAM、ストレージ容量は512GBとなっています。

16GB RAMと言えば、ハイエンドでもかなり珍しいメモリサイズで、搭載しているのは一部のゲーミングスマホくらい。
少なくともスナップドラゴン600番台のミッドレンジモデルに搭載するにはいささかアンバランス(というかSD695にこれだけのメモリは積めるのでしょうか)。

単なる誤表記といった可能性もあり、いずれにせよ、日本で発売される可能性はほぼゼロの機種ではありますが、少し気になります。

ソース:GIZMOCHINA

Xiaomi・Redmi・POCO 最新情報
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました