AQUOS wish、対応バンドでは楽天モバイルが最強!n79、バンド28に唯一対応

先ほど、シャープの最新ミッドレンジモデル、AQUOS wishが楽天モバイルからも発売されることが発表されました。

発売日は明後日の1月21日(金)。同モデルはすでにauやUQ mobile、ソフトバンクからはリリース炭ですが、この楽天モバイル版はY!mobile版と同日リリース、ということになります。

これで合計MVNOも入れると5社が取り扱うこととなったAQUOS wishですが、今回、楽天モバイルだけ5Gおよび4Gの対応周波数が異なることが判明しました。

対応バンドでは楽天モバイル版 AQUOS wishが最強

楽天モバイル版以外のAQUOS wishの対応バンドはau版、UQmobile版、ソフトバンク版、Y!mobile版のすべて同じで以下の通り:

5G:n3、n28、n77、n78
4G:1、2、3、5、7、8、12、17、18、19、38、39、41

一方、楽天モバイル版の対応周波数は:

5G:n3、n28、n77、n78、n79
4G:1、2、3、5、7、8、18、19、28、38、39、41

楽天モバイル版だけが5Gのn79、そしてLTEのバンド28に対応しているという事になります。

ちなみに5Gのn79はドコモ独自の周波数で衛星通信との干渉がないため同社は今後n79をメインにエリア拡大を進める、とも言われています。

よって、ドコモ回線で5Gを使いたいのであれば楽天モバイル版はかなり有利、ということに。
(なお、ドコモ版以外のSIMフリーモデルでn79に対応している機種、というのは結構レアです)

また、LTEのバンド28は主に地方で利用されており、通信容量や速度は劣るものの、電波の到達範囲が長く、少ない基地局で広大なエリアをカバーすることができると言われています。

よって、ドコモ、au、ソフトバンク回線使用で田舎の方や山間部などでの通信状態を優先したい、という方にとってもやはりこの楽天モバイル版は有利です。

一方、逆に国内で使われているバンドで楽天モバイル版「だけ」で非対応となっている周波数はないので、楽天モバイル版が最強、ということになります。

AQUOS wishのキャリア/MVNO価格比較

なお、以下は割引なしでの各社のAQUOS wishの「定価」比較。

販売元価格
au26,180円
UQ mobile26,180円
楽天モバイル29,800円
ソフトバンク33,120円
Y!モバイル31,680円

一方、以下はそれぞれのキャンペーンや割引プログラムを適用した場合の価格

販売元価格
au0円(3Gとりかえ割)
22,001円(スマホトクするプログラム)
UQ mobile4,180円(MNP、くりこしプランM以上)
楽天モバイル9,800円(MNP、ポイント還元)
ソフトバンク16,560円 (新トクするサポート)
ワイモバイル10,080円(新規/MNP)

ご覧のように定価、割引適用時のいずれの場合でも楽天モバイルが最安、というわけではありません。

よって、最終的には上のバンドn79およびバンド28への対応というプラス面が他社との価格差分の価値に見合うかどうか、というのが判断基準となりそう。

これについてユーザーの使用環境によっても違ってくると思うので、何とも言えませんが。か

ちなみに楽天モバイル版のAQUOS wishは楽天市場店から端末単体での購入も可能です。

AQUOS
スマホダイジェスト

コメント

OCNモバイルONE
タイトルとURLをコピーしました