スマホのOSアプデ「陰謀論」6割以上が意図的な性能低下を信じていることが判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマートフォン向けの2大OS、Android向けのAndroid OS、そしてiPhone向けのiOS。

そしてOSのアップデートは新機能の追加など、ユーザーにとって楽しみの一つでもある一方で、アップデート後に発生するトラブルの原因となることもあり、人によっては「良し悪し混在の一大イベント」とも言えると思います。

そんな中、これらのOSアップデートに関しての興味深いアンケート調査結果が公開されていました。

Androidユーザーの方が若干アプデに積極的

RuterNetworkが「スマートフォンをアップデートしないのはなぜ?」という題名で掲載していたアンケート調査のまとめ記事の一部を抜粋。

まずは「アップデートの通知が来た際、どうしますか?」という質問。

「すぐにアップデートする」と回答したのAndroidユーザーで約半数の47%、iOSユーザーでは43%となっており、大きな違いではありませんがAndroidユーザーの方が若干アップデートに対して積極的、と言えそうです。

Androidユーザーはアプリが動作しないことを心配

そして以下はすぐにアップデートをしない理由についての調査結果。

いずれも「アップデートに伴うバグ」を1番の理由に挙げていますが、それ以外の理由を見てみると興味深い違いも。

例えば、Androidユーザーでは30%が「アプリとの互換性」、つまりアップデートによりアプリが正常に動作しないくなることを心配しているのに対し、iOSユーザーでは21%と比較的少なめ。

Androidユーザーの最新OSでアプリが正常に動作しない、というのも広義にはOSアップデートによる不具合の一部とも言えると思いますが、今回の違いはiPhoneユーザーよりもAndroidユーザーの方がOSアップデートによるトラブルをより具体的にを把握している、と言えるのかもしれませんね。

一方、iOSユーザーでは「時間がない」や「アップデートできる機会がない」といった、要は時間的な理由を挙げているユーザーが多いことが分かります。

確かに、Androidスマートフォンでは最新OS提供の時点でまだアプリ側が未対応、というケースも少なくありません。
そういった意味でAndroidユーザーがアプリの互換性をOSアップデートの懸念事項として上げるのはよくわかります。

6割以上がアプデによる意図的な性能低下を信じている

そして個人的に一番興味深かったのが以下の部分。

以前より「スマートフォンメーカーはアップデートによって旧型機種のパフォーマンスを下げることで買い替えを促している」という陰謀説があり、最近ではバッテリーが古くなり劣化したiPhoneの性能を意図的に落していた「バッテリーゲート」問題が有名です。

スマートフォンメーカーがOSアップデートにより意図的に古いモデルの性能を下げている、と信じている割合で、Androidユーザーの64%、iOSユーザーの62%が信じる、と回答しています。

また、このメーカーによるアプデによる「パフォーマンス引き下げ陰謀論」を信じているのは若い世代ほど多い、というのも興味深いところ。

そして以下は機種ごとに最新OSにアップデート済みと回答したユーザーの割合をまとめたもの。

iPhoneではアップデートが可能なのにもかかわらず古い機種のユーザーほど最新OSにアップデートをしている率が低い、という結果が出ています。
(OSアップデートの打ち切りが早いAndroidではあまり参考になりませんが)

これはある意味、ユーザーの多くがメーカー側がアップデートによって旧型モデルのパフォーマンスを意図的に下げている、と信じている裏付けとも言えると思います。

アプデにより「バッテリー性能低下」が最多

一方、具体的にアップデートによって「どういったパフォーマンス低下があったか?」という質問に対しては、iOSユーザーもAndroidユーザーも最も多いのは「バッテリー消費が早くなった」という点。

新旧問わず、OSアップデート後は最適化などに伴うバッテリー消費の一時的な増加はつきものです。
が、比較的古いモデルを使っているユーザーほどアップデート後のバッテリー持ちの悪化を感じやすい、ということでしょうか。

一方、Androidユーザーでは「アプリが正常に動作しなくなった」、「インターネット通信接続の悪化」、「カメラの性能低下」など、より具体的な症状を上げているユーザーが多いことも分かります。

ちなみに私個人はAndroid、iPhoneを問わず、メーカー側がOSアップデートにより意図的に端末のパフォーマンスを悪化させている、とは思いません。

ただ、OSアップデートというのはどうしても最新機種に焦点を当てたものになる傾向があるとは思います。
そのため、旧型モデルに対する最適化がおろそかになる傾向はあるような気はします。

そういった意味で旧型モデルほどOSアップデートによって不具合、不都合が生じる可能性が高い、とは思っています。

ソース:RuterNetwork

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Androidスマホ全般iPhone
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました