Oppo Reno7にはソニー製IMX709、世界初「猫目レンズ」搭載- 感度60%アップで、ノイズ35%減

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Oppoの新型モデル、Reno7シリーズ。

Reno7、Reno 7 Pro、Reno 7 SEという3モデル展開になると言われている同シリーズですが、先日、珍しい形の通知LEDが搭載される、という件についてお伝えしました。

そして今回、このReno7シリーズのカメラ仕様について興味深い新ティザー情報が投稿されていました。

今回の情報によると、このReno7シリーズのフロントカメラにはソニー製のIMX709というセンサーと共に世界初の「猫目レンズ」が搭載される、とのこと。

このセンサーは、「超高感度」を売りにしており、Reno6 Proに搭載されているフロントカメラと比較して、光の感度が60%向上し、ノイズが35%低減されているとのことです。

なお、このIMX709が搭載されるのはReno7とReno7 Proのみで、下位モデルのReno 7 SEには同センサーは搭載されないとのことです。

なお、このReno7シリーズについては他にも公式ティザー情報がでており、Renoシリーズとしてはバッテリー容量が最大ながら最薄に。

さらにクルミを割っても破損しないくらいのボディーの強度も売りとなっているようです。

ソース:GSMArena

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Oppo
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました