Mediatek次世代チップ、Dimensity 2000の性能がヤバい!Antutuで世界初の100万超え!「アブノーマル」なスコアを記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾のチップメーカー、Mediatek製の次世代チップ、Dimensity 2000に関する非常に興味深い情報が見つかりました。

GSMArenaが伝えたもので、今回、Antutuベンチマークスコアが初めて発見されたとのこと。

ご覧のようにスコアは100万ポイントを超えており、GSMArenaによるとAntutuベンチマークスコア上で100万超えはこれが初めてとのこと。

計測結果のスクリーンショットにも「このスコアはアブノーマル(異常)」とされるほどとなっています。

なお、同社の既存最新チップ、Dimensity 1200のAntutuスコアは60万ポイント台。

これと比較するとDimensity 2000は5割程度の性能アップ、ということになります。

ちなみにクアルコムの現行ハイエンド向けチップ、Snapdragon 888のAntutuベンチマークスコアは平均で70~80万ポイントといったところ。

このDimensity 2000と同世代でライバルチップとなるSnapdragon 898のAntutuスコアはまだ不明ですが、有名リーカーからの情報では同チップのSD888からのベンチマークスコアの向上幅は1割程度にとどまるという情報もでてきており、これが事実であればSD898が100万ポイントの達成は難しそう。

よって、今回のスコアは本物であれば次世代では初めてMediatek製チップがハイエンド向けチップでクアルコムを抜く、ということになりそうです。

ソース:GSMArena

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Androidスマホ全般
スマホダイジェスト

コメント

  1. 名無し より:

    M1は?

  2.   より:

    iPad Proが110万点だしてるけどな

  3.   より:

    M1、M1って言っている方がいますが、
    M1はスマホに積めるんですかね…

タイトルとURLをコピーしました