Xperiaスマホが3年ぶりに国内シェアトップ奪還-2021年上期

リサーチ会社のMM総研が「2021年度上期 国内携帯電話端末の出荷台数調査」を公開していました。

まず、同調査によると2021年度上期のスマホ総出荷台数は前年度同期比10.5%増の1611.5万台。
うち、SIMフリースマートフォンは267.1万台で前年同期比29.7%増と、大きくシェアが増加しているのがわかります。内訳をみると、スマートフォンが1472.4万台(9.3%増)でそのうち。

AndroidメーカーではXperiaがトップ復活!

メーカー別のスマホ出荷台数シェアではApple、つまりiPhoneがトップは定位置ですが、Androidメーカー別では少し興味深い現象が。

ソニー製スマホ、つまりXperiaがAndroidスマートフォンでは1位になっています。

Xperiaここしばらく、国内でシャープなどにシェアを奪われる状況が続いており、MM総研の過去の上半期調査結果を遡って調べてみたところ:

1位2位3位4位
2016ソニー京セラ富士通シャープ
2017シャープ京セラ富士通ソニー
2018シャープ富士通ソニー京セラ
2019シャープサムスンソニー富士通
2020シャープサムスン富士通ソニー

Xperia(ソニー)に限ってみると2016年以降のシェア順位は1→4→3→3→4となっており、Xperiaが上半期で国内シェアトップになるのは3年ぶり、ということに。

ハイエンド市場全体が低迷し、ミッドレンジモデル主流の中、確かに今年はソニーのXperia Ace 2やXperia 10 IIIは習慣の売上ランキングでも常に上位を保っていました。

ただ、Xperia ACEの発売は5月末、Xperia 10 IIIの発売は6月だったので、これらのモデルの売上はほとんど統計には入っていないような。(個人的にはAQUOS sense5Gが予想外の不評だったことが大きいような気もしますが。)

だとすると、今年前半にXperia 5 IIやXperia 10 IIといったモデルが好調だった、ということになり、2021年下半期のXperia出荷シェアはさらに伸びる可能性がありそうです。

ちなみに先日、海外でも今年はXperiaフラッグシップのシェアが回復している、という情報を先日お伝えしましたが、2021年は意外とソニーにとってスマホ市場で再び存在感を高めるきっかけとなる重要な年となるのかもしれませんね。

ソース:MM総研

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

  1. ふらっと より:

    2021年度上期のシェアなので、(1月〜6月では無く)4月〜9月の数字ですから、5月末発売のAceや6月発売の10Ⅲは上半期6ヶ月中、発売直後の4ヶ月含まれるのでかなり貢献しての結果だと思います。
    むしろ、下期後半になる2022年に入ってからのランキングは、富士通のらくらくホン、サムスン、SHARP、OPPOあたりに押されてる印象があるので、通期でどこまで踏みとどまれるか。
    に、してもiPhoneも前モデルの12が上位だしPROはランク下位、Xperiaも1Ⅲや5Ⅲのハイエンドモデルの新機種はランク上位に入ってきませんね。
    私はXperia5Ⅱを愛用して良さを実感してるので残念です。
    追記ですが、Android勢はマニアやゲーマーや金が無い勢向きに逃げず、インカメ強化や女性の手にフィットするデザインなどもっともっと若い女性にリーチする機種を出して巻き返して欲しいです。

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました