Galaxy S22シリーズはSnapdragon 898搭載版のみに、Exynos 2200は非採用との情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの次期フラッグシップ、Galaxy S22シリーズ。

これまでの情報では来年1月末に発表、2月初めから予約受付開始、同月中旬にリリースというスケジュールになりそうですが、今回、同シリーズに搭載されるチップセットの種類について興味深い新情報がでてきました。

LETSGODIGITALが元サムスンの社員とされる「Super Roade」からの情報として伝えたもので、Galaxy S22シリーズに搭載されるチップセットはすべてSnapdragon 898になる、とのこと。

過去のGalaxy Sシリーズは国や地域によってSnapdragon搭載版とExynos搭載版が存在し、基本的にはヨーロッパや韓国ではExynos、米国や日本などではSnapdragon搭載という「住み分け」がほぼパターン化していました。

これが次世代Galaxy SシリーズではSnapdagonに統一され、Exynos 2200は少なくともGalaxy S22シリーズには非搭載になる、ということに。

これまでの情報ではGalaxy S22シリーズではExynos2200搭載版の比率が増える、とのことだったのでこれが逆どころかExynos2200搭載版が皆無になる、というのはかなり意外な情報です。

一方、Exynos 2200自体のリリースがキャンセルされた、ということではないようです。
ただ、Galaxy S22シリーズのExynos 2200が採用されないとなると、どういった他モデルに搭載されることになるのかは今のところは不明です。

ソース:LETSGODIGITAL

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Galaxy
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました