iPhone 13 Pro Maxのカメラはメイン、超広角、望遠すべてソニー製IMX700番台を搭載と判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アップルの2021年版最新iPhone、iPhone 13 Pro。

同モデルに採用されているカメラセンサーの詳細が判明した模様です。

メインカメラApple iPhone 13 Pro MaxApple iPhone 12 Pro Max
メイン(広角)カメラSony IMX703, 1.9 μm, 26 mmSony IMX603, 1.7 μm, 26 mm
超広角カメラSony IMX772, 1μm, 13 mmSony IMX372, 1 μm, 13 mm
望遠カメラSony IMX713, 1μm, 77 mmSony IMX613, 1 μm, 65 mm
ToF Sony IMX590 Sony IMX590
フロントカメラ Sony IMX514, 1μm Sony IMX514, 1μm

ご覧のようにリアカメラからフロントカメラまで、すべてソニー製のセンサーが搭載されていますが、これ自体は前モデルも同様。

また、ToFセンサーとフロントカメラは前モデルのiPhone 12 Pro Maxから据え置きですが、メイン(広角)、超広角、望遠カメラのすべてのセンサーはIMX700番台の最新センサーを搭載しています。

なお、今回のiPhone 13 Pro MaxとiPhone 13 Proについては全く同じカメラ構成だと思われますが、望遠カメラが非搭載のiPhone 13やiPhone 13 miniについては他のセンサーについてもこれらとは異なるものが採用されている可能性もあります。

ソース:Weibo

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iPhone
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました