iPhone 13/13 mini/13 Pro/13 Pro Maxのディスプレイ仕様がリーク、一部120Hz対応へ

スポンサーリンク

アップルの2021年にリリース予定の次世代iPhone、iPhone 13シリーズ。

この次期iPhoneシリーズのディスプレイサイズについての新情報がでてきました。

  • iPhone 13 mini – 5.4インチ 60Hz LTPS OLED
  • iPhone 13 – 6.1インチ 60Hz LTPS OLED
  • iPhone 13 Pro – 6.1インチ 120Hz LTPO OLED
  • iPhone 13 Pro Max – 6.7インチ 120Hz LTPO OLED

ディスプレイサイズに関してはiPhone 12とすべて同じ、ということに。

一方、iPhone 13 miniとiPhone 13に関してはLTPSで60Hzリフレッシュレートですが、iPhone 13 Proおよび13 Pro MaxはLTPOで120Hzリフレッシュレートに対応となっています。

LTPOとは

LTPOとは「Low Temperature Polycrystalline Oxide(低温多結晶酸化物)」の略称で、以前より次世代iPhoneに搭載されることが噂されていた新型ディスプレイ。

LTPSが表示内容を保持しておくために一秒間に60回程度リフレッシュをかけないといけないのに対し、LTPOでは最長で1秒程度までリフレッシュ間隔を開けることができるとのこと。

そのため、同技術を使ったディスプレイは5~15%消費電力を抑えることができるとのことです。

なお、今回の情報によるとiPhone 13シリーズのディスプレイはサムスンとLGから供給を受けるとのこと。

これまでの情報では同シリーズのディスプレイは中国のBOEが独占供給する、との情報もありましたが、ETNEWSの情報の方が信ぴょう性は高いと思われます。

ソース

コメント

タイトルとURLをコピーしました