SD8Gen3搭載のXperia 1 VIのベンチマークスコアが初発見!メモリは12GB RAMで据え置き

ここ1~2日で公式レンダリング画像からスペック情報まで、一気にリーク情報がでてきているソニーの新型フラッグシップモデル「Xperia 1 VI」。

このXperia 1 VIのベンチマークスコアが初めてGeekbench上で発見されました。

「XQ-CE54」は欧州向けのXperia 1 VIの型番。

他のSnapdragon 8 Gen 3同様、Motherboardの欄が「pineapple」となっていることから、同モデルの搭載チップセットもSD8Gen3で確定。

今回見つかったベンチマークスコアはシングルコアが2187ポイント、マルチコアが6721ポイントなので、他のSD8Gen3搭載機を比較しても平均的です。

また、GPU性能を計測する、Geekbench ComputeのスコアもSD8Gen3としては標準的。

なお、今回のベンチマークスコアでは同モデルのメモリは12GB RAMとあります。

よって、基本モデルでは前モデルの1 Vから据え置きということになります(国内SIMフリー版などは16GB RAMの可能性あり)。

AndroidスマホのベンチマークスコアXperiaXperia 1 VI
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント