Android 14アプデ後のドコモスマホでバッテリー異常消費 原因は「my daiz」かも

ドコモの展開するAndroidスマホ向けAndroid 14アップデート。

大半の対象機種へのアップデート提供はすでに完了していますが、ここ最近、アップデートをしたユーザーより少し気になる報告が増えていることが判明しました。

Android 14へアップデートをしたドコモのスマホでバッテリー異常消費

具体的にはAndroid 14へのアップデート後から急にバッテリー以上消費をするようになった、という症状。

これはドコモのAndroidスマートフォンのみ、というのが特徴で、機種に関してはXperia、AQUOSなどが中心ですが、おそらくこれはユーザー数の問題。

一方、他のキャリアのモデルではAndroid 14アップデートでむしろバッテリー持ちに関しては「良くなった」という報告の方が多いので、なぜドコモ版でだけ、という感じです。

バッテリー以上消費の原因は「my daiz」アプリの可能性大

一方、ネット上の報告を見ていると、「my daiz」アプリがバッテリー使用量の多くを占めているケースが多く上がっていることが判明。

「my daiz」はドコモの純正アプリで同社いわく「日常のさまざまなシーンで利用者一人一人のライフスタイルに合った情報やサービスをお届けするスマホアプリ」。

しかし、使っているユーザーはかなり少ないようで、むしろ悪評の方が圧倒的に多い「迷惑純正アプリ」といったところ。

そして、Android 14アップデート後から何らかの理由でこの「my diaz」が暴走し、バッテリーを異常に消費しているという報告が目立ちます。

また、同アプリはアンインストールは不可ですが無効化は可能。
しかし、Android 14へアップデート後、無効化にしてたはずの同アプリが勝手に有効化され、バックグラウンドで動作をしていた、という報告も散見されます。

もちろん、バッテリードレインの原因というのは数多く考えられるので、これだけでが原因とは限りません。

ただ、ドコモスマホをお使いでAndroid 14アップデート後にバッテリー持ちが悪化した、という方は、とりあえずこの「my daiz」の設定を確認し、不要なアプリであればとりあえず無効化をして様子を見ることをお勧めします。

Android 14Androidスマホのベンチマークスコアdocomo不具合・バグ
スマホダイジェストをフォローする

コメント