au版の新型XperiaがFCC認証通過、Xperia 10 VIかACE IVの可能性大

auの2024年春夏モデルとしてのリリースが予想される新型XperiaがFCC認証を通過していました。

今回認証通過が確認されたのは「PY7-37016L」というFCC IDのモデル。

また、同モデルは3月初めに発見されたミッドレンジ/エントリーモデル「PY7-64228M(現在は「PY7-45010Y」にID変更済み)」とハード的に同一機種であることが記載されています。

一方、認証を取得しているLTEの対応バンドをみると:

これは米国でのローミング用バンドの認証で、過去のパターンから判断するとBand 12、Band 41で認証を取得している機種はau版のXperiaということになります。

つまり、今回発見されたモデルはauが2024年春夏新作モデルとして展開するミッドレンジ/エントリーモデルの新型Xperiaでほぼ間違いなし、ということになります。

そしてタイミングからすると、仮称「Xperia 10 VI」か「Xperia ACE IV」のいずれかのモデルである可能性が非常に高いと思われます。

ちなみに先の「PY7-64228M」は認証取得バンドからSIMフリー版か楽天モバイル版である可能性が高いですが、同一機種のドコモ版の「PY7-25130W」も少し前にFCC認証を取得しています。

よって、この機種がXperia 10 VIであれ、Xperia ACE IVであれ、少なくともドコモ、au、そしてSIMフリー版か楽天モバイル版が展開されることは確実となりました。

ソース

Xperia
スマホダイジェストをフォローする

コメント