Xperia 1 VIの全カメラセンサー情報がリーク、標準カメラにはシリーズ初1型を搭載!

ソニーモバイルの2024年プレミアムフラッグシップモデル、仮称「Xperia 1 VI」。

以前からカメラ仕様が大きく進化すると言噂されていますが、今回、搭載されるカメラセンサーに関してかなり具体的、かつ非常に興味深い情報が投稿されていました。

はっきりとしたソースは不明ですが、日本初の情報の模様で、内容としては、Xperia 1 VIのリアカメラに搭載される各センサーについて。

これによると、Xperia 1 VIのメインカメラにはLYT900、超広角にはLYT808(IMX888)、望遠にはLYT600が採用される見込みとのこと。

事実であれば、Xperia 1 VIではシリーズ初の1インチセンサーを搭載という事に。

なお「LYTIA」はXperia以外の他メーカー向けのブランドと言われているので、それぞれ「LYT900」「LYT808」「LYT600」相当の別名チップセットという事になると思われます。

ちなみにLYT900はソニー最新の1インチセンサーではありますが、「2層トランジスタ構造」ではありません。

一方、Xperia 1 Vではメインカメラとして採用されていたIMX888(LYT808相当)がIVでは超広角カメラに使われるというのも興味深いところ。

少し前のリークでは、Xperia 1 VIに搭載されるリアカメラのセンサーは3つとも48MPのExmor-Tになるという情報がありました。

一方、今のところ「ExmorT」ブランドを名乗る条件、というのは明確にはなっておらず、「LYTIA」のXperia向けセンサーがすべて「Exmor-T」なのか、2層トランジスタ構造のセンサーであることがExmor-Tの条件なのかは不明です。

ただ、もし前者であれば今回の3つの「LYTIA」センサーを搭載という情報と整合性はあるように思えます。

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント