ソニーが今春発表する新型Xperiaは「2.5機種」との意味深リーク

例年通りであれば、遅くとも4月後半~5月前半に発表されるはずのソニーの2024年新型Xperia。
(現時点では今月末のMWC2024での発表の可能性は低そう)

Xperia 1 IVとXperia 10 VI、あるいはこれらに相当するIVシリーズの後継モデルがリリース発表されることはほぼ確実と言ってよいと思います。

そんな今年前半発表となるXperiaの「機種数」に関して、意味深な情報がリークされていました。

「ソニーはこの春、2.5機種の新型スマホを発表します」という、一見意味不明な内容。

普通に考えて1機種の半分だけを公開するというのはありえず、もちろん単位的に「2.5」モデルの機種は存在しません。
よって、これは何かの比喩的な表現だと思われます。

あくまで私の推測ですが、これ、2機種は今年前半機種としてリリース(遅くとも6月中)、残りの1機種は一緒に発表はされるものの秋以降にリリース、という意味ではないかと思います。

というのも、3年前のソニーの春の新機種発表では、Xperia 1 III、Xperia 10 IIIに加え、5 IIIも同時発表されましたが、5 IIIの発売自体はいつも通りの同年秋でした。

また、その前の年は2月末にXperia 1 IIと10 II、そして初代Xperia Proが発表されましたが、こちらもProモデルがリリースされたのは翌年でした。

捉え方によってはこれらの年で発表された機種の数も「2.5」機種と言えるような気もします。

となると、春の発表会でアナウンスされる新型モデルは仮称「Xperia 5 VI」か「Xperia Pro II」という可能性が高そうです。

なお、国内では今年は2年ぶりに新型Xperia ACE、仮称「Xperia ACE IV」のリリースの噂もありますが、まだ信頼性の高い情報は見当たらず、スペックはもちろん、リリースの有無自体も不確実な状態です。

ソース:weibo

Xperia
スマホダイジェストをフォローする

コメント