Oppoの新機種「OPPO A79 5G」に搭載のDimensity 6020の性能はどれくらい?

本日、Oppoが発表した最新ミッドレンジモデル「OPPO A79 5G」。

キャリアからは楽天モバイルとワイモバイルから、MVNOではIIJmioやmineoから15日に発売されます。

一方、OPPO A79 5Gに搭載のチップセットはMediatek製の「Dimensity 6020」と、あまり聞きなれないもの。

というわけで今回はこのDimensity 6020のベンチマーク性能がどの程度なのかを見てみたいと思います。

Dimensity 6020=旧Dimensity 700、性能はSD695以下

今回はXperia 5 VIやV、AQUSO sense7といったSnapdragon 695と比較。

そそて以下はnanoreview.netにおけるSnapdragon 695とDimensity 6020のベンチマーク比較:

機種に搭載の全体としては、Dimensity 6020のベンチマークスコアはSnapdragon 695と比べると1割程度劣っている、といった感じです。

ただ、GPUの性能においてはほとんど違いがなさそうなので、実仕様でそれほど差を感じることはなさそう。

ちなみにこのDimensity 6020はネーミングルール変更前のDimensity 700と全く同じスペックのチップセット。

国内ではZTE Libero 5G IIなどに搭載されています。

Oppo
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました