Xiaomiの謎の新型モデル「睡蓮」のベンチマークスコアが発見、SD8G3搭載の「完全に新しいモデル」?

シャオミの謎の未発表モデルのベンチマークスコアがGeekbench上で発見されました。

Xiaomi Suiren(睡蓮)とあるだけでこれはおそらくコード名。

ベンチマークスコアとコアのクロックスピードからして搭載チップセットがSnapdragon 8 Gen 3であることは間違いなく、また搭載メモリが16GB RAMとなることも分かります。

この謎の機種、シャオミの次世代フォルダブルスマホ「Xiaomi Mix Fold 4」という可能性もあるようですが、この情報を取り上げている他の海外サイトによるとこれまでに存在しなかった「完全に新しい機種」である可能性も十分にあるとのこと。

コード名が日本語だけに、国内展開を想定した新シリーズモデル、なんて展開に期待してしまいます。

Xiaomi・Redmi・POCO 最新情報
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

  1. hukuuchi より:

    睡蓮じゃなくて、中国神話の「燧人(suiren)」じゃないの?
    Xiaomi 14 Proが神農(shennong)、Xiaomi 14が后稷(Houji)で
    Xiaomi 13 Proが伏羲(Fuxi)、Xiaomi 13が女媧(Nuwa)

    中国神話系だとすると、フラグシップだと思うけどどうだろ

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました