AQUOSはなし?スナドラ8Gen3を採用する2024年「国産」モデルはXperiaだけの可能性

クアルコムの最新ハイエンド向けチップセット、Snapdragon 8 Gen3。
国内でも同チップを搭載した機種は複数展開されることが予想されます。

一方、Xperiaについてはネーミングルール変更の噂もあり、機種名がどうなるのかは不明ですが、同社がこのSD8Gen3搭載機を最低でも1機種リリースすることは確実。

そんな中、このSD8Gen3搭載の「国内ブランドモデル」に関して少し気になる情報が発見。

2024年 の「国産」モデルで同チップを搭載するのは仮称「Xperia 1 VI」や「Xperia 5 VI」だけとなる可能性が浮上しました。

明年将有大量旗舰机型转用 Dimensity。 在日本,只有一家公司可能会采用 S8G3。

来年はかなり多くのフラッグシップ機種がDimensityに移行する。日本でS8G3を採用するのは1社のみとなる模様。

weiboより

基本的に、現在、Snapdragon8シリーズのチップセットを採用しているスマホの「国内ブランド」はXperiaとAQUOSのみ。

一方、Sharpは厳密にはすでに「台湾メーカー」なので、そういった意味ではかなり前からSnapdragon 8シリーズのチップセットを搭載したスマートフォンを展開している日本メーカーはソニーだけです。

ただ、シャープ/AQUOSが一般的にはまだ「日本メーカー」として認識されているのも事実なので、おそらく今回の投稿は2024年モデルのAQUOSにSnapdragon 8 Gen 3搭載機がない、という意味なのではないかと思われます。

そういえば、Snapdragon 8 Gen 3発表の際、クアルコムのプレスリリースに同チップ採用するメーカーとしてSONYの名前はありましたが、Sharpの名前はありませんでした。(昨年はありました)

もちろん、サムスンのGalaxyなど、ここで名前が挙がっていないメーカーでもSD8Gen3を搭載する機種もあります。

ただ、今回の情報と合わせると、来年のAQUOS R9シリーズにはSnapdragon 8 Gen 3が搭載されない、もしくは同シリーズ自体がリリースされないという可能性もありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました