国内リリース濃厚のOppo Reno11、グローバル版チップセットは中国版から大幅ダウングレード

Oppoが先日中国で正式発表をした最新ミッドレンジモデル、Oppo Reno11とReno11 Pro。

前者はMediatek社製のDimensity 8200を搭載しますが、今回、同モデルのグローバル版とされる機種のベンチマークスコアが発見。
中国版と比べると大幅な性能ダウンとなることが判明しました。

同モデルに搭載のチップセットはDimensity 1080と、中国版とは異なることが分かります。

ちなみにこのDimensity 8200と1080は同世代のチップセットではありますが、性能には相当大きな差があります。

ご覧のようにAntutuベンチマークにおける性能差は7割近くで、Geekbenchのマルチスコアも6割近くの差がでています。

さらにGPU性能の差は大きく、なんとDimensty 8200は1080よりも85%も高くなっています。

なお、このOppo Reno11はソニーの最新センサー、LYT600をメインカメラに搭載するなど、カメラ性能への期待が高い機種で、国内でのリリースの可能性も高いと言われています。

それだけでに、このチップセットのDimensity 8200→Dimenstiy 1080へのダウングレードはかなり残念です。

Oppo
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました