AQUOS sense8とsense7の性能比較、GPUパフォーマンスは全く進化なし!

本日、ドコモ版の発売が11月9日に確定したシャープの最新ミッドレンジモデル、AQUOS sense8。

au、SIMフリー版のリリースも決まっており、おそらく今後しばらくは国内Androidミッドレンジ市場での主力機種となりそうな雰囲気です。

そんなSnapdragon 6 Gen 1のAQUOS sense8ですが、今回、ベンチマークスコアからSD695搭載のAQUOS sense7との比較で少し気になる事実が判明しました

AQUOS sense8 vs AQUOS sense7、GPU性能はほぼ進化ナシ

以下はGPU性能を測定するGeekbench Computeにおける、これまでに見つかっているau版AQUOS sense8のスコア:

そして以下は同じau版の前モデル、sense7のもの:

ご覧のようにAQUOS sense7と比べて、AQUOS sense8のGPUベンチマークスコアは全く向上しておらず、誤差の範囲ではありますが、むしろ若干劣るくらいとなっています。

一方、過去にもお伝えしたように、CPU性能においてはPixel 7→Pixel 8で順当な進化といったところで、シングルコアでは数パーセントですが、マルチコアでは2~3割のスコア向上となっています。

つまり、AQUOS sense7→sense8の性能は、CPUでは順当な進化ですが、GPU性能での進化はほぼ皆無、と見た方が良さそう。

ミッドレンジ機種で負荷のかかるゲームなどをするユーザーというのはあまりいないとは思いますが、少なくとも、グラフィック性能が必要となる場面でのAQUOS sense8の性能向上は期待しない方が良さそうです。

AQUOS
スマホダイジェストをフォローする

コメント