【やっぱり】Xperia 5 Vのストレージ規格は「必然的に」型落ちのUFS3.1と判明

ソニーモバイルの新型コンパクトフラッグシップ、Xperia 5 V。

前モデルからカメラを一つ減らし、製品の立ち位置も若干変更。
「カジュアル」な雰囲気を前面に押し出してイメチェンを計っているという印象を受けます。

一方、このXperia 5 Vは欧州やアジアの一部では9月20日前後のリリースが多いようですが、国内キャリア版は未発表となっています。

そんな中、ソニーの公式サイトなどには掲載されていないこのXperia 5 Vの使用についてちょっと残念な仕様が「確認」されました。

没有人在生产 128GB 的 UFS4.0 存储设备
你明白我对 Xperia 5 V 的看法了吗?

Weibo上の中堅リーカーが投稿していた内容で「128GBのUFSストレージというものは存在しない。Xperia 5 Vについて言いたいことは分かりますね?」とのこと。

ご存知のように、Xperia 5 Vのベースモデルは128GBストレージです。

要はこれ、ソニーからの公式なスペック情報からではないものの、単純に128GBのUFS4.0ストレージはどこのメーカーも生産・供給していないため、128GBストレージを搭載のXperia 5 Vのストレージ規格は必然的にUFS 3.1であることが判明している、ということ。

まあ、Xperia 1 VがUFS3.1で弟分のXperia 5 VがUFS4.0というのは元々考えにくい仕様でしたが、やっぱりといった感じです。

一方、Xperia 5 Vには日本など、一部の国・地域で256GBモデルもリリースされるので、こちらに関してはほんのわずかではありますがUFS4.0が採用されている可能性も。(まあ、かなりゼロに近いですが)

そういえば以前、Galaxy S23シリーズは基本UFS4.0であるものの、S23の128GBモデルだけはUFS3.1という情報がありました。
これはサムスンが128GBのUFS4.0フラッシュメモリーを生産していことが理由と言われています。

一方、モバイル向けのUFS4.0はSK HynixやMicronも一部で生産を開始、あるいは開始しつつあるようですが、少なくともMicronのUFS4.0は256GB〜ということが判明しており、SK Hynixもどうやら当初は512GBのみを供給する姿勢の模様。

よって、少なくとも現在市場に出回っているUFS 4.0フラッシュメモリーに128GBバージョンが存在しない、というのは事実ではないかと思われます。

Xperia
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント