次世代「Xperia 1 VI」は広角カメラ以外を「再設計」前面カメラの進化が特に「重要」とのリーク

2024年版のソニーの次世代Xperiaフラッグシップ。

まだ、これまでのネーミングルールが引き継がれ「Xperia 1 VI」となるのか、それとも「V」を最後に、新たな命名規則によって異なる機種名となるのかすらも不明です。

が、「プレミアムフラッグシップ」としてXperia 1 Vの後継機が登場することは間違いないでしょう。

そんな中、この仮称「Xperia 1 VI」のカメラ周りに関する新たな情報がリークされていました。

メインカメラを除き、次世代Xperiaフラッグシップは完全に再設計される。中でも、フロントカメラの進化は最も重要だ。

Xperia 1 IIIやシリーズの前面カメラはXperia 1 IIIや現時点で情報の信ぴょう性は不明なので、噂程度の情報として受け取った方が良いと思います。

ただ、今回のXperia 1 Vで前モデルから一新されたのはメインカメラのみ。
そしてソニーがXperiaフラッグシップのメインカメラを頻繁に入れ替えるということはこれまでにないので、あり得ない話ではないような気も。

カメラの「再設計」の意味が気になりますが、おそらくセンサーの一新、と受け取ってよいのではないかと思われます。
ひょっとして超広角カメラも望遠カメラもすべて「Exmor T for mobile」センサーを採用、なんてこともあるのでしょうか。

また、「中でも前面カメラの進化が重要」というのも非常に興味深いところ。
Xperia 1シリーズの前面カメラは初代~IIIまでは同じ8MPセンサーが使われており、IVで12MPセンサーに代わったばかり。

これに「重要な進化」があるということは、単なるセンサーの一新だけではないような気もします。

XperiaXperia 1 VI
スマホダイジェストをフォローする

コメント