Pixel 8/8 Proのカメラスペックがリーク!Pixel 7からの進化は?

今秋に発表、リリース予定の次世代Pixelスマートフォン、Pixel 8およびPixel 8 Pro。

三世代目となるGoogle自社製チップ、Tensor G3を搭載し、外観のレンダリング画像もリークされていますが、今回、このPixel 8シリーズのカメラ仕様が独占リーク情報としてAndroid Authorityに掲載されていました。

メインカメラのアップグレード

Pixel 8シリーズのカメラハードウェアの主なアップグレードは、両モデルの面センサーで、Pixel 7シリーズのSamsung ISOCELL GN1センサーがISOCELL GN2へと変更されます。

これによりまず、センサーサイズが大きくなり、前モデルよりも約35%多くの光を取り込むことが可能になります。

また、このセンサーは8K/30fpsのビデオ撮影にも対応しているものの、この機能がPixel 8シリーズに実装されるかは不明。

また、Pixel 8シリーズのカメラはStaggered HDRもサポート。これにより、HDR用にキャプチャされるフレーム間の遅延を減らし、ゴーストを低減してキャプチャプロセスが高速化されます。

望遠カメラは基本据え置き

一方、Pixel 8 Proの望遠カメラは、Pixel 7 Proと同じ5倍モジュールのままで、フロントカメラも11MPセンサーで据え置きです。

Proの超広角カメラは大幅アップグレード

ただ、Pixel 8 Proでは、超広角カメラがアップグレード

前モデルの12MPのSony IMX386は、64MPのSony IMX787に置き換えられます
このIMX787センサーのサイズはIMX386のほぼ2倍で、正確な視野角(FoV)はわかりませんが、ズーム比0.56倍から0.49倍にアップ。

ただ、Pixel 8 ProではPixel 7シリーズまでは搭載されていたマクロモードが廃止されている可能性もあるとのことです。

無印のPixel 8の超広角カメラも、控えめながらアップグレード。センサー自体はPixel 6シリーズに搭載されているのと同じSony IMX386ですが、わずかにワイド化。Pixel 7のズーム比は0.67倍でしたがPixel 8では0.55倍となります。

ProはToFセンサーも進化

Pixel 8 Proには新しい8×8 ToF VL53L8センサーが搭載されており、オートフォーカスの信頼性は格段に向上する模様。

一方、無印のPixel 8のToFセンサーは据え置きでVL53L1が継続採用されるとのことです。

温度計はただの温度計

少し前にリークされたPixel 8 Proに搭載される温度計について。
これはFIR温度計センサー、一部では、写真撮影目的にも使えるサーモグラフィーカメラではないかと推測されていますが、これは間違い。「ただの温度計」だそうです。

センサーはMelexis MLX90632で、主に体温を含む高精度の非接触温度測定に推奨されておsり、温度測定以外の用途に使えるものではありません。

ソース

Pixel
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました