【謎】Xperia 1 IIIとGalaxy S21 Ultra (ドコモ版)、ベンチマーク性能に2割の差

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年前半のプレミアムフラッグシップ、と言えばソニーの最新Xperiaフラッグシップ、Xperia 1 IIとサムスンのGalaxy S21シリーズ最上位モデル、Galaxy S21 Ultraでしょう。

いずれも国内でリリース済み(S21 Ultraはドコモのみ)ですが、価格が近いという事もあり、何かと比較されることが多いようです。

そんなXperiaとGalaxyのそれぞれ「最上位モデル」ですが、両者には少なくともベンチマークスコア上では大きな性能差があることが分かりました。

最近両モデルのGeekbenchにおけるベンチマーク測定結果を比較したもの。

左:Xperia 1 III SO051B、右:Galaxy S21 Ultra SC-52B

ざっと見ただけで、両者のスコアに差があるのがお分かりだと思います。

そして以下はそれぞれの期近50回分の測定の平均値、中央値を表したもの。

Xperia 1 IIIGalaxy S21 Ultra
シングルコア
平均値1120868
中間値1123881
標準偏差9219
マルチコア
平均値35012958
中間値35402999
標準偏差152228

ベンチマーク性能、安定性でXperia 1 IIIが圧倒的に優秀!

ご覧のように、平均値でも中央値、そしてシングルコアでもマルチコアでもXperia 1 IIIの方がGalaxy S21 Ultraよりも2割前後もスコアが高い、という結果になっています。

また、スコアのばらつきを示す標準偏差でもXperia 1 IIIの方が3~4割低くなっており、これはGalaxy S21 UltraよりもXperia 1 IIIの方が測定毎のスコアのばらつきが少ない、つまり比較的安定している、とも言えます。

昨年のSnapdragon 865搭載版のGalaxy S20でも同様の傾向はみられましたが、ここまで顕著な違いではなかったように思えます。

ちなみに今回はドコモ版のXperia 1 III SO-51BとGalaxy S21 Ultra SC-52Bに限定して比較していますが、ざっと見た感じ、これはau版のGalaxy S21やS21+、海外版でも同じような結果のよう。

もちろん、ベンチマークスコアはあくまで性能の一指標であって、必ずしも実使用の体感速度と比例するとは限りません。

ただ、確かにYoutubeのいくつかのスピードテストなどでも動作速度ではXperia 1 IIIに軍配というものが多いように思えます。

一方、Snapdragon 888搭載の今年のフラッグシップは全体的に「発熱」に関する問題報告が多いという印象を受けますが、Galaxy S21シリーズはそのメジャー度からすると相対的に発熱問題が少ない気もします。(あくまで感覚的なものです)

そういった意味で、このGalaxy S21 Ultraも一部の処理速度に制限を加えることで、ベンチマークスコアは低めに、ただ、発熱は比較的抑えられているという可能性もありそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
GalaxyXperia
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました