Xperia 1 Vの発売日がリーク、カメラモジュールはLG製で4〜9倍光学ズーム対応か

先日ソニーが5月11日の正式発表をアナウンスした2023年最新Xperiaフラッグシップ、「Xperia 1 V」。

あとは発表会で明らかにされる詳細スペックに加え、価格や発売時期が気になるところです。

そんな中、Weibo上にこのXperia 1 Vの中国における発表→発表までの日程がリークされていました。

今回の情報によると、Xperia 1 Vの中国本土版は5月23日に発表され約1週間後の6月1日に発売される、とのこと。

Xperia 1シリーズや5シリーズはグローバル版の発表とは別に中国版や台湾版は別にそれぞれの国で発表会を開催することがほとんどで、どうやら中国版に関しては今回のXperia 1 Vも同様となる模様。

前モデルの1 IVの中国の発売も6/1だったので、1 Vも同日リリースという事になるようです。
(グローバル版の1 IVと1 Vの発表日も同じ)

一方、中国版の発表→発売日の間隔が1週間だからといった他の国や地域で同様になるとは限りません。

むしろ、中国モデルは常にグローバルモデルよりも発表は遅いですが、発売日は早いという傾向があります。(あくまで傾向です)

カメラモジュールはLG製、4〜9倍の光学ズーム対応

また、今回の情報にはカメラ仕様に関しても言及されており、Xperia 1 VではLG製の4倍〜9倍の光学連続ズームを可能にする最新カメラモジュールが搭載されるとも。

これは過去に有名リーカーがリークした情報とも一致しており、かなり気になるところです。

Xperia 1 Vのカメラについてはセンサーが次世代の「LYTIA」に一新されることが確実となっており、少なくともハード的にはかなり大きな変化がありそう。

それに加えてLG製の新型カメラモジュールと搭載となればおそらくカメラ周りではXperia 1シリーズ史上、最大のアップグレードとなりそうですね。

ソース

新型・次期Xperia 最新情報・リーク情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント