新リーク!Xperia 1 Vは望遠カメラ大進化、4〜9倍光学連続ズームのLG製カメラモジュール搭載の可能性

ソニーモバイルの2023年フラッグシップモデル、Xperia 1 V。

年前半に発表・リリースされることが予想されている一方で、外観やスペックについては前モデルのXperia 1 IVから大きな変化がないといった情報もちらほら。

そんな中、このXperia 1 Vに搭載されるカメラ、具体的には望遠カメラについてはかなり大幅なアップグレードとなる可能性がでてきました。

Xperia 1 Vの望遠カメラは大幅進化の可能性

少し前にWeibo上でソニー/Xperia関連のリーク情報で知られる有名リーカー、Zackbucks氏が投稿していたもの。

内容としてはまず、Xperia 1 IIIおよび1 IVの望遠カメラでは、センサーはSony Alphaの開発チームが開発したものの、カメラモジュールは韓国のLG製のものが使われているとのこと。

そのため、次世代のXperia 1 VではLGの4倍〜9倍の光学連続ズームを可能にする最新カメラモジュールが搭載される可能性がある、とのこと。

なお、このLG製最新カメラモジュールは、年末にLG InnotekがCES 2023での出展を予告しているもので、4倍〜9倍の連続光学ズームを可能にしながらも、突起を最小限に抑えることを売りにした新型モジュール。

ちなみにスマートフォンで世界で初めて連続光学ズームを搭載したのはXperia 1 IVですが、実際のズームは3.5倍-5.2倍とかなりレンジは狭めでした。
もし本当にこのLG製カメラモジュールが搭載となると、これは望遠カメラだけでも十分なカメラ性能進化と言えそう。

またもしXperia 1 Vがこのモデュールを搭載した場合、広角カメラが24mmだとすると、 望遠カメラの焦点距離はは96 ~ 216mm相当ということになります。

Xperia
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント