Xiaomi Civi 2sが認証通過 グローバル版はDimensity 8200搭載の「Xiaomi 13S Lite」?

シャオミの未発表ミッドレンジモデルが、中国の認証機関、MIITを通過した模様です。

「23046PNC9C」という型番で、GIZMOCHINAによるとこの機種はシャオミのアッパーミドルモデル、Xiaomi Civi 2のアップグレード版、Xiaomi Civi 2sに相当する機種とのこと。

また、型番からすると4月中に発表となる可能性が高そうです。

現行のXiaomi Civi 2は中国以外ではXiaomi 13 Liteとして展開されており、搭載チップセットはSnapdragon 7 Gen1。
(チップセットの性能がイマイチなためか、あまり人気はないようですが・・・)

となると、今回のXiaomi Civi 2sはXiaomi 13 Liteのアップグレードモデル、Xiaomi 13s Liteとしてグローバル展開される可能性もありそうです。

なお、同サイトによると、このXiaomi Civi 2sにはMediatekの最新アッパーミドル向けチップセット「Dimensity 8200」が搭載される可能性が高いとのこと。

このチップセットはRedmi K60Eなどに搭載されており、そのベンチマーク性能はSnapdragon 8 Gen1と同程度かそれ以上ともいわれています。

本日発売されたSnapdragon 7+ Gen2搭載のRedmi Note 12 Turbo然り、今年は高性能なミッドレンジモデルが複数リリースされるそうな雰囲気ですね。

ソース

Xiaomi・Redmi・POCO
スマホダイジェストをフォローする

コメント