ソニー、サポート終了のはずのXperia 1 II/5 IIにアップデート、通信周りの不具合を修正

本日、auがソニーのXperia 1 II SOG01およびXperia 5 II SOG02に対してソフトウェア・アップデートの提供を開始しました。

アップデート内容は「まれにモバイルネットワークへの接続が不安定になる不具合」の修正

ただ、アップデートファイルのサイズは480MBと、マイナーアップデートとしては大きめのデータサイズとなっています。

Xperia 1 IIや5 IIでは数か月前からモバイル通信が頻繁に切断される、パケつまりのような症状が頻発する、4Gと5Gの切り替え時に通信が切れる、といった症状の報告が多く上がっており、おそらく今回のアップデートはこれを修正するためのものと思われます。

ソニーはXperia向けのアップデート・サポート期限などを公式に明らかにしていないので断定はできませんが、過去のパターンからすると同社のフラッグシップモデルに対するソフトウェア・アップデートは基本的に3年。

よって、本来であればXperia 1 II/5 IIはすでにソフトウェア・アップデートのサポート期間外となっているはずで、実際、今回もセキュリティーパッチ自体は昨年10月に提供された9月分のバージョンのままです。

それにもかかわらず今回アップデートが提供されたということは、修正が必要なかなり深刻な通信周りの不具合があった、と考えられます。

ちなみにドコモ版やソフトバンク版のXperia 1 II/5 IIにはまだ同様のアップデートは提供されていませんが、おそらく近日中に同内容のアップデートが提供されるものと予想されます。

auXperia
スマホダイジェストをフォローする

コメント