ソニーの最新ウオークマン「NW-ZX707」のCPU性能はXperia 10 II並み ベンチマークスコア発見

ソニーが本日発表、27日に発売するハイエンドウォークマン「NW-ZX707」。

市場想定価格は105,000円前後と、ハイエンドスマホ並みの価格なので、気軽に買える音楽プレーヤーとは言えませんが、音楽好きには非常に気になる存在ではないでしょうか。

そんな「NW-ZX707」のCPUベンチマークスコアがGeekbench上で発見されました。

まず、公式スペック表には掲載されていませんが、搭載メモリは4GB RAMであることが分かります。

のベンチマークスコアはシングルコアが300程度、マルチコアが1300前後となっています。

これはXperiaスマートフォンでいうとSnapdragon 665搭載の2世代前のミッドレンジモデル、Xperia 10 IIと同等。また、クロックスピードもSD665と同じです。

ただ、ネット上の情報によると、この「NW-ZX707」に搭載されているのはクアルコムが2021年にリリースしたIoTデバイス向けのSoC「QCS4290」と言われています。

なお、このウォークマンシリーズはAndroid 12を搭載しており、当然Google Playストアからアプリをインストール、使用することも可能です。
また、同モデルのディスプレイサイズは5.5インチなので、コンパクト・スマートフォン並みの画面。

Xperia 10 II並みのCPU性能、というと、10万円超えのAndroid端末としてはいささかパワー不足という印象はぬぐえませんが、「ミニタブレット」としてブラウジングをするくらいならば問題ない性能、と言えそうです。

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント