2023年新型Xperiaはイヤフォンジャック「移動」それとも「再廃止」?

2023年のリリースが確実視されているの次世代Xperiaフラッグシップ、と言えばXperia 1 VとXperia 5 V。

スペックや外観に関してはまだ信頼性の高い情報はほとんどありませんが、いろいろな噂が飛び交っているのは事実。

そんな中、この未発表の新型Xperiaのオーディオ周りの仕様に関して少し気になる投稿がWeibo上で発見されました。

次期Xperiaで3.5mmのイヤフォンジャックが廃止、あるいは移動?

次期Xperiaでイヤフォンジャックの位置が移動、あるいは廃止されても、あなたはまだこの機種を買いますか?

これ、もちろん、単純な質問という可能性もありますが、過去のこの人物の投稿パターンからすると、リーク情報という可能性も十分にありそう。

ソニーはXperia XZ2シリーズから一旦ハイエンドモデルのイヤフォンジャックを廃止。

そしてXperia XZ3やXperia 1も非搭載でしたが、Xperia 1 IIシリーズから復活させた、という経緯があります。

また、ご存知のように、Xperiaはイヤフォンジャック搭載のハイエンドモデルを展開している数少ないブランドで、イヤフォンジャックがあるからXperiaを選んでいる、というユーザーも一定数いるという印象。

そういった意味で、ソニーがもし次世代Xperiaでイヤフォンジャックを「再廃止」となるとちょっとした騒ぎとなるような気もするので、「再廃止」の可能性はかなり低いように思えます。

一方、初耳ですが、イヤフォンジャックの位置の移動、に関しては廃止と比べると現実味はあるような気もします。

現在のXperiaスマホのイヤフォンジャックはすべて端末上部側面の左寄りにありますが、これが移動、ということは上部側面の右寄りに、あるいは下部側面に移動という事になると思います。

上部での左→右への移動なら大した問題ではないような気もしますが、上部側面から下部側面への移動、となると意見が分かれそう。

個人的にはイヤフォンジャックは「端末下側面派」なので、むしろ移動は歓迎したいところですが。

Xperia
スマホダイジェストをフォローする

コメント