2023年モデルの新型Xperiaは6モデル展開 エントリーモデルが2機種リリース?

2023年リリースの新型Xperiaスマートフォン。

Xperia 1 V、5 V、10 Vの3モデルは既定路線だと思われますが、それ以外についてはイレギュラーなリリースパターンなので、まだ何とも言えない状況。

そんな中、来年、2023年に展開することになる次期Xperiaのラインナップに関して新たな情報が見つかりました。

Redditユーザーが投稿していたもの。

スクリーンショットはソニーのコミュニティ・フォラム上での情報のように見えますが、はっきりとしたソースは不明。
よって、噂程度の情報として受け取っておくことをお勧めします。

ただ、内容としてはかなり興味深く、まず、2023年モデルのXperiaはPM-142x-BVからPM-147x-BVというメーカー型番になるとのこと。

よって、来年の新型Xperiaラインナップは:

PM-142x-BV
PM-143x-BV
PM-144x-BV
PM-145x-BV
PM-146x-BV
PM-147x-BV

合計6モデル展開になる、ということになります。

また、搭載チップについても言及されており、これによるとSnapdragon 8 Gen2を搭載したモデルが3機種、Snapdragon 6 Gen1を搭載したモデルが1機種、そしてSnapdragon 4 Gen1を搭載したモデルが2機種、とあります。

これ、SD8Gen2に関しては普通に考えるとXperia 1 V、5 V、そして2023年版のXperia Proシリーズモデル、ということに。
そしてSD6Gen1はXperia 10 Vとなることが予想されます。

一方、SD4Gen1搭載機種についても1モデルはXperia ACE IVだとしても、もう1モデル存在する、というのが謎です。

ただ、コメントにはSD4Gen1搭載の2機種については「異なる市場向けの同一機種である可能性もある」ともされているので、ひょっとすると国内向けのXperia ACE IVと海外向けの同一スペック別名モデル、という可能性も高そうです。

今年はどうやら新型Xperia Proがなさそうなので、2022年モデルは合計4機種、ということになりそうですですが、来年は最低でも1機種はラインナップが増えそうですね。

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました