Xperia 1 IVだけじゃない!10 IVのカメラも48MP「クアッドべイヤー」に大幅進化との噂

ソニーモバイルの新型Xperia、といえば言うまでもなくXperia 1 IVが注目の的。
ここ最近はいろいろなリーク・噂も出てきています。

しかし、そんなXperia 1 IVの陰に隠れてしまい、すでに存在はほぼ確実ながらリーク情報どころか、怪しい噂情報すらもあまり出てこない状態なのがミッドレンジのXperia 10 IV。

そんな中、このXperia 10 IVのカメラスペックについて(おそらく初めて?)の興味深いリーク情報が見つかったようです。

RedditユーザーがWeibo上の投稿を発見したもので、内容としては:

Xperia 10 IVのメインカメラもメジャーアップグレードがされる。ただ強制ビニングのクアッドべイヤーになる

というもの。

ご存知のように、Xperia 10 IIIのカメラは12MP+8MP+8MPというトリプルカメラ仕様。

一方、今回の情報にではXperia 10 IVのカメラはクアッドべイヤーになるとのことですが、それ以外、具体的にどういったアップグレードになるのかは書かれていません。

ただ、この「クアッドべイヤー」に重要なヒントがあります。
というのも、クアッドべイヤーとは簡単に言うと4つのピクセルを一つのピクセルとして扱う技術で、実際に出力される画像の画素数はセンサーの画素数の1/4となります。

画像:TechnologyFoundHere

もしこのXperia 10 IVが前モデルと同じ画素数の12MPセンサーでクアッドべイヤーだとすると出力画像3MPになってしまうので、これはありません。
よって、普通に考えてソニー製のクアッドべイヤーセンサー、と言えば48MPということになります。

なお、今回の情報からは48MPセンサーが採用されるのが標準カメラだけなのか、他のセンサーもなのかは不明。

ちなみにXperia 1 IVのカメラについては最低でも標準、超広角、望遠の3つカメラセンサーが48MPとなり、標準カメラはネイティブベイヤー、超広角と望遠については強制ビニングのクアッドべイヤーになると言われています。

つまり、同じ48MPセンサーでもXperia 1 IIIはネイティブベイヤーで48MP出力が可能な一方で、Xperia 10 IIIは「強制ビニング」によって12MP出力ということになります。

出力された画像の画素数は多ければ画質が良い、というものではありませんが、この点は今年のXperiaのフラッグシップのカメラとミッドレンジのカメラの大きな違い、ということになりそうですね。

ソース:Reddit

おすすめのXperia関連情報:

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました