Motorolaの最新Edgeシリーズ、残り4モデルのスペックがリーク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モトローラの展開するMotorola Edgeシリーズ。

2022年モデルとしてはすでにSnapdragon 8 Gen1搭載のMotorola Edge 30 Proが発表済みで、国内でも来月リリースされることが決まっています。

しかし今回、2022年版のEdgeシリーズがこの他に4機種リリース予定であることがリークされていました。

モトローラが2022年リリース予定のEdgeシリーズ4モデル

Motorola Edge 30 Ultra (Frontier)

Motorola Edge 30 Ultraは世界初の200MPのメインカメラを搭載し、サムスンのISOCELL HP1を搭載すると言われています。

また、その他のカメラには、50MPの超広角カメラと12MPの望遠カメラ(2倍)、さらに前面カメラは60MPのセンサーが搭載される模様です。

また、同モデルにはクアルコムのトップチップのTSMC版と噂されるSnapdragon 8 Gen 1+チップセットも搭載されると言われており、メモリは8GB/12GB、ストレージは128GB/256GB。

6.67インチのP-OLEDディスプレイは144Hzのリフレッシュレートで4,500mAhのバッテリーは125W充電に対応すると言われています。

Motorola Edge 30 (Dubai)

Motorola Edge 30はコード名「ドバイ」の名で開発が進められており、こちらはチップセットにSnapdragon 778G+を搭載。

このモデルには144Hzリフレッシュレート対応のP-OLEDディスプレイ(6.55インチ、FHD+)と、50MPのメインカメラ、50MPウルトラワイド、2MP深度センサー、さらにフロントには32MPカメラが搭載される予定です。

バッテリーの容量は4,020mAhとなり、充電速度についてはまだ不明です。

Motorola Edge 30 ??? (Dubai+)

「Dubai+」のコード名で開発されているモデルで、まだ機種名は不明。
ただ、「Dubai」がEdge 30であることからすると、その大型モデル「Motorola Edge 30 Plus」といった名称になるのかもしれません。

一方、このDuabi+の搭載チップはまだ未発表のMediaTekの新型「Dimensity MT6879」を搭載するとされています。
同チップは2つのCortex-A78コア(2.6GHz)と6つのA55コア(2.0GHz)、さらに未発表のMali-G79を搭載する予定とのこと。これは噂に上がっているDimensity 7000シリーズの可能性もありそうです。

なお、同モデルはスタイラスペンに対応とのことで、5,000 mAhのバッテリーを搭載すると伝えられています。

Motorola Edge 30 Lite (Miami)

そして4つ目のモデルはおそらくEdge 30シリーズの最廉価版となる「Miami」こと、Motorola Edge 30 Lite。

こちらは6.28インチのP-OLEDディスプレイ(FHD+、120Hz)と4,020mAhのバッテリーを搭載で、サイズ的にも同シリーズ最小となる模様。厚みも7mmを切る超薄型になると言われています。

また、同モデルにはクアルコムの「主力」ミッドレンジ向けチップセット、Snapdragon 695が搭載でメモリは6GB/8GB、ストレージは128GB/256GB。

カメラについては、背面に64+13MPのデュアルセットアップ、前面に13MPのシングルカメラを搭載する予定とのことです。

すでにMotorola Edge 30 Proのリリースが決まっている国内ではさすがにこれらすべてのモデルが展開されることはないと思いますが、このうちのあと1~2モデルは今年後半にもリリースされる可能性は十分にあると思います。

ソース:91mobiles

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Motorola/moto
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました