Galaxy S22 UltraはSシリーズ史上最長のバッテリー持ちを実現-公式説明

正式発表まであと1週間となったGalaxy S22シリーズ。

外観からスペック、価格までほぼすべての情報がリークされ尽くしたためか、逆に正式発表前になって話題性が落ちているという印象すら受けます。

確かにここまで情報が出尽くすと、もう公式発表会は見なくていいかも、と考える方もでてきそう。

しかし今回、このGalaxy S22シリーズの上位モデル、Galaxy S22 Ultraに関する特徴が新たにリークされていました。

Twitter上ではIce Universeの名で知られている有名リーカーがS22 Ultraの充電・バッテリーに関する公式説明としてどWeibo上に投稿していたもので、これによるとGalaxy S22 Ultraのバッテリー持ちはGalaxy S史上、最長になるとのこと。

Galaxy S22 Ultraのバッテリー容量は5000mAhと前モデルから据え置きとなることが確実で、ディスプレイサイズなどにも大きな変化はないはず。

また、Snapdragon 8 Gen1は一部ではSD888よりもバッテリー消費が激しいとも言われています。

よって、現状ではどういったからくりでGalaxy S史上最長のバッテリー持ちを実現するのかは見当もつきませんが、何らかの新たな省電力技術が採用されると考えるのが自然だと思います。

ソース:Weibo

Androidスマホ全般
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント