Galaxy A53 5Gは進化乏しい残念性能に?ベンチマークは前モデルから変わらず

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの2022年版ミッドレンジ「ど真ん中」モデル、Galaxy A53 5G。

まだ正式には未発表のモデルですが、台数的はおそらく主力モデルとなり、国内でもリリースが期待されています。

そんなGalaxy A53 5Gですが、今回Geekbench上でのベンチマークが発見。
ただ、その性能については少し残念なものになりそうです。

SM-A536BはGalaxy A53のもので、Motherboardは「s5e8825」とあります。
これは未発表のサムスンの最新ミッドレンジ向けチップ、Exynos 1200のもの。

同モデルについては少し前に中国のTENAAも通過していますが、今回気になるのはそのスコア。

マルチコアのスコアで1865ポイントとなっており、他のスコアをみても良いもので1900ポイント程度。

一方、昨年国内でもドコモからリリースされたSnapdragon 750搭載の前モデル、Galaxy A52 5Gのスコアはというと:

マルチコアのスコアの平均は1800ポイント前後で、Exynos1200搭載のA53 5Gとほとんど変わらない、ということに。

つまり、このGalaxy A53 5Gの性能は他に別のSoCを搭載したバージョンでも存在しない限り、ベンチマーク上の性能では前モデルのGalaxy A52 5Gからほとんど進化はない、ということになります。

ちなみに昨年のGalaxy A52にはSD778G搭載のアップグレードモデル、A52sも存在し、こちらのベンチマーク上の性能はマルチコアで2700~2800ポイントといったところ。

よって、今回のGalaxy A53 5Gは上位モデルとは言え、前世代モデルに劣る性能、ということになります。

ソース:Geekbench

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Galaxy
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました