XperiaとiPhone、買い取り前提の本当の「実質価格」はどれくらい違うのか?

国内ではシェアがほぼ2分されているAndroidスマートフォンとiPhone。

Androidでは1万円台から買える機種から20万円以上する超プレミアムハイエンドモデルまで、幅広い機種がある一方で、iPhoneは型落ちモデルを買わない限り基本的にはハイエンド中心となっています。

一方、AndroidスマホとiPhoneの大きな違いとしてよく挙げられるのが中古市場での価格
よほどの例外がない限り、iPhoneの方が中古品の価格が下がりにくく、Androidスマートフォンとは大きな差がでています。

よって、スマホの買い替えの際に古い端末を下取りに出して新しい機種を買う、というユーザーにとっては中古市場での買取価格も非常に重要な要素です。

というわけで今回はAndroidスマホとiPhoneで「新品価格-中古買取価格」での実質価格比較をしてみたいと思います。

XperiaとiPhone、新品-中古=実質価格にはどれくらいの違い?

今回、比較対象のAndroidスマートフォンとしてはハイエンドAndroidでは依然として国内シェアNo.1を維持していると思われるXperia 1シリーズにしてみました。

また、キャリア版を比較すると、時々の割引などで話がややこしくなるので、ここでは発売時価格がほぼ同額のXperiaおよびiPhoneのSIMフリーモデルで同世代の最も価格が近いモデルを比較。

買取価格は中古スマホ販売大手の「イオシス」の公式サイト上の情報を「参考価格」としました。

まずは2年落ち機種の比較:

Xperia 1 Professional Edition vs iPhone 11 Pro Max

Xperia 1
Professional Edition
iPhone 11 Pro Max
(512GB)
発売時価格157,300円157,800円
現在の中古買取価格27,000円76,000円
償却率82%52%
実質価格
(発売時価格-買取価格)
130,300円81,800円
Xperia 1の国内SIMフリー版は海外・キャリアモデルより1年以上遅い2020年8月に発売されたので、Xperia 1 Professional Editionを比較対象としました。

ご覧のようにiPhone 11 Pro Maxは発売2年後もほぼ半額で買取ってもらえるのに対し、Xperia 1 Professional Editionの価値は約1/5に。

そして1年落ちモデルの比較:

Xperia 1 II vs iPhone 12 Pro

Xperia 1 IIiPhone 12 Pro
(256GB)
発売時価格136,400円129,580円
現在の中古買取価格50,000円85,000円
償却率63%34%
実質価格
(発売時価格-買取価格)
86,400円44,580円

Xperia 1 Professional Editionは少し特殊な機種なので、あまり比較にならないような気もしますが、昨年のXperia 1 IIとiPhone 12 Pro 256GBを比較してもその差は歴然。

iPhone 12 Proは発売価格の7割弱で買取ってもらえるのに対し、Xperia 1 IIの買取価格は発売わずか1年で発売時価格の半額を大きく下回っています

「リース料金」と考えると倍の違い!

買い取ってもらうことができないほどボロボロになるまで使う、というユーザーにとってはこの買取価格差はある意味無関係ですが、新品購入して1年後に売却という場合は大きな要素。

これを各モデルを1年後に返却する「リース」だと考えると、Xperia 1 IIとiPhone 12 Pro 256GBではその「リース料金」に2倍近い差があることが分かります。

ちなみにこの「実質価格」は「常に最新ハイエンドモデルを使う際の年間費用」とも言い換えることができると思います。
よって、iPhoneならば最新機種を1か月あたり3700円程度(1日あたり122円)で使い続けることが可能なのに対し、Xperiaだと1か月あたり7,200円(1日あたり234円)ということになります。

私は自動車のことは良く分かりませんが、仮に新車購入時の価格がほぼ同じ2つの車で、中古買取価格やリース料金でこのような差がでていたら、かなり決定的な購入判断材料となるような気がするのですが、どうなのでしょう。

それでも私はAndroidを買い続けますけどね!

中古価格参考:イオシス

コメント

タイトルとURLをコピーしました