早くもXiaomi 12 「Lite」の一部スペックがリーク、SD778G搭載へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャオミが早ければ12月中にも発表すると言われている次期フラッグシップ、Xiaomi 12シリーズ。

レギュラーモデルや上位モデル「Xiaomi 12 Pro」にSnapdragon 898が搭載されることは既定路線ですが、今回、同シリーズの廉価版となるXiaomi 12 Liteについての一部スペック情報がでてきました。

Gizmochinaがシャオミ製スマートフォン関連のリークソースとして知られるXiaomiuiからの情報として伝えていたもので、今回、MIUIのコード内からコードネームが「Zijin」でモデルナンバーがL9、そしてコードネームが「Taoyao」でモデルナンバーがL9Bの2モデルが発見されたとのこと。

そして、これらの端末はどちらも120Hzのリフレッシュレートを備えたFHD+(2400×1080ピクセル)ディスプレイを搭載し、画面内指紋センサーを備えているとのことです。

また、両モデルともクアルコム社製のSM7325チップ、つまりSnapdragon 778Gを搭載し、リアカメラはトリプルカメラになる模様。

なお、両モデルの主な違いは、3つ目のカメラで「Zijin」が3つ目のカメラとして望遠カメラを搭載するのに対し「Taoyao」はマクロカメラを搭載するとのことです。

なお、Zijinは中国限定の端末で、Taoyaoはグローバル市場で販売されるとのこと。
よって、おそらく前者はXiaomi 12 Youth Edition、そして後者がグローバル版のXiaomi 12 Liteになる可能性が高そうです。

ソース:Xiaomiui via Gizmochina

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xiaomi/Redmi
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました