Glaxy S22シリーズの寸法図がリーク 「+」は「Pro」に、Ultraのカメラは一体型

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの次世代フラッグシップ、Galaxy S22シリーズ。

今のところの情報では1月中に発表・リリース予定と言われていますが、今回、同シリーズ3モデルの詳細サイズが記載された図がリークされていました。

0.01ミリ単位のサイズ情報がリークされたのはこれが初めてで、ケースメーカー向けのものでしょうか?
ただ、Galaxy S22シリーズのサイズは数週間前に有名リーカーからもリークされており、多少の(四捨五入)の誤差はありますが、基本的には今回のものと一致しています。

また、この図からするとS21シリーズよりもかなりベゼルが細くなりほぼフルスクリーンといった感じになりそう。

一方、興味深いのはS22の大型モデルが「Galaxy S22+」ではなく、「Galaxy S22 Pro」とされている点。
これについては過去にも噂がありましたが、今回改めてその情報が裏付けられたことになります。

Galaxy S22 UltraについてはSペンの格納場所の位置まで記載されています。

ただ、以前の情報では8.9mmとされていた厚みについては今回の情報では9.05mmと若干分厚くなっています。

さらにGalaxy S22 Ultraの外観については裏面のカメラ部分のデザインだけが不確実で、二通りの可能性があるとされています。

Galaxy S22シリーズの発売はかなり早いかも?ケースとバッテリー画像がリーク | スマホダイジェスト

ただ、今回の図を見る限り、結局はOnleaks氏が最初にリークしたタイプ、カメラが「P型」に一つにまとまった方が正式なデザインとなりそうです。

ソース:Twitter (tron)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Galaxy
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました