Redmi 13がFCC認証を通過、33W充電対応、5000mAhバッテリー対応

シャオミのサブブランド、Redmiの未発表主力モデルの一つ「Redmi 13」と思われる新型ミッドレンジモデルがFCC認証を通過していました。

mysmartpriceによると、この型番は「Redmi 13」のものとのこと。

また、バッテリー容量は5000mAhで、33W充電に対応。

前モデルRedmi 12は18W充電だったので、少なくとも充電周りには進化がみられそうです。

ちなみに前世代のRedmi 12シリーズでは、国内でも5Gモデル「Redmi 12 5G」が展開されており、そこそこの売れ行きといった印象。

一方、今回の情報からはこれが4Gモデルなのか5Gモデルなのかという判断はつきません。

なお、型番の末尾が「L」なので、これは南米向けモデルである可能性が高そう。

また、仮に国内展開されるとしても末尾が「R」ではないので、Felica対応といった日本向け仕様ではないということになります。

Xiaomi・Redmi・POCO 最新情報
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント