Xperia 1 VIの新パネル仕様は一時的?「移行期間」で次世代モデルで21:9復活との噂

21:9 & 4Kパネルの「廃止」という大幅なディスプレイ仕様の変更が話題の中心となっているソニーの未発表最新フラッグシップ、仮称「Xperia 1 VI」。

このソニーの一連の動きについて、新たな説が浮上しました。

ソニーは21:9パネルを廃止したわけではないようです。私のソースによると現在は供給元を変える「移行期間」で2024年モデルに間に合わなかっただけ。ただ、4Kを続けるかどうかは不明とのことです。

RedditユーザーがWeibo上の情報を転載していたもので、要はソニーが2024年のXperiaモデルで21:9パネルを非搭載としたのは完全に廃止したわけでなく、一時的な措置という説。

Esato上の有名リーカーによると、ソニーがXperia 1 VIに搭載されるディスプレイパネルを「既存品」に変えるのは生産コストが理由、とのことでした。

一方、Xperia 1シリーズのディスプレイパネルは初代Xperia 1(もっと前からかもしれませんが)からサムスン製で、最近のリーク情報によると、パネル仕様が変わるXperia 1 VIでも供給元自体はそのままと言われています。

21:9 →19.5:9にアスペクト比が変わるとずいぶん雰囲気が変わります。。。

しかし、今回の情報が正しければ、ソニーは現在、次世代(おそらく2025年モデル)以降のXperiaに搭載されるパネルのサプライヤーをサムスン以外のメーカーに乗り換えるということに。

そしてその「移行」、つまり、おそらく新たなサプライヤーからの21:9ディスプレイの供給が間に合わなかったため、つなぎ的な措置として19.5:9を一時的に採用することにした、という意味にだと思われます。

具体的にどのサプライヤーに乗り換えるのかは不明ですが、候補としてはBOEやLGといったところでしょうか。

いずれにせよ、もしこの情報が正確なものだとすると、Xperia VI世代は飛ばして、次世代まで待つというユーザーも増えそうなので、非常に気になるところですね。

ソース

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント