Xperia 1 VIの本体とケース画像がリーク!縦幅は1 Vから1cm近く縮小、コンパクト化が濃厚

ソニーモバイルの2024年新型プレミアムフラッグシップ「Xperia 1 VI」用のものとされる新たなケース画像がリークされていました。

先日の画像はケースのみが写っているものでしたが、今回は本体のレンダリング画像と一緒に写っています。

ただ、この画像を見る限り、先のリーク通り、アスペクト比の21:9→19.5:9への変更に伴い全体の「太く」なっている以外はデザイン変更はなさそうな雰囲気。

一方、これまでの情報によると、Xperia 1 VIのカメラはハード的には1 Vから大きな変化はないとのことなので、カメラ部分のサイズも前モデルから変わらないと仮定。

そしてこの部分にサイズを合わせてXperia 1 VIとVを並べてみると:

横幅の違いはほとんどなさそうですが、縦幅がかなり短くなるのが分かります。

つまり、Xperia 1 VIは全体としてはVよりだいぶ小型化(正確には短くなる)するという事になり、縦幅に関しては1センチ近く短くなる可能性もありそう。

となると、ディスプレイサイズも6.3インチ前後になるのではないかと思われます。

そうなると確かにコンパクトフラッグシップ、Xperia 5シリーズとの差別化が難しくなるので、同シリーズが廃止、というのは納得がいくような気がします。

ソース

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント