Galaxy S25シリーズに搭載のExynos 2500のスペックがリーク

先日正式発表されたGalaxy S24シリーズに2年ぶりにGalaxy Sシリーズに搭載されたExynosチップセット「Exynos 2400」。

同世代のSnapdragon 8シリーズと比べると性能面で劣っていると言われてきた汚名を返上。

レビュー記事などを見てる限り、Snapdragon 8 Gen 3に勝らずとも劣らないパフォーマンスを発揮しそうな雰囲気で、国内でも無印のGalaxy S24には同チップが搭載される可能性があるともいわれています。

そんなExynos 2400の後継チップセットで順当にいけばGalaxy S24シリーズに搭載となる「Exynos 2500」のスペック情報がリークされていました。

このExynos 2500、CPUは400の10コア構成を維持しながらも、ARMの次世代コアが採用。サムスンの第2世代3nmプロセス(3nm GAP/SF3)で製造されとのこと。
これは、面積と効率においてTSMCの現在の3nmプロセスよりも優れているとのことです。

また、各コアの構成として、3.2GHz以上のCortex-X5コア1基、2.3GHz~2.5GHzのCortex-A730コア3基、Cortex-A730コア2基、効率重視のCortex-A520コア4基を搭載とのこと。

このCortex-X5 CPUコアは、これまでのところ、アップルの最新カスタムCPUコアを性能で上回ると噂されています。

GPUに関しては、Exynos 2500はAMDのRDNAベースのXclipse 950を搭載する可能性があり、これはExynos 2400のXclipse 940からのステップアップとなるようです。

ソース

GalaxyGalaxy S25シリーズ
スマホダイジェストをフォローする

コメント