次世代のXperia 1 VIのカメラ仕様がリーク、Vからのスペック進化はほぼゼロの据え置きに?

ソニーの2024年Xperiaラインナップの代表的な機種となるフラッグシップモデル「Xperia 1 VI」。

例年通りであれば4月末/5月初旬に発表、5月末/6月初旬にリリースというパターンになるはずですが、一部では久々に2月末のMWC2024での発表の可能性も噂されています。

一方、同モデルについてはSnapdragon 8 Gen 3搭載という点以外、他のスペック情報はまだほとんどない状態です。

そんな中、このXperia 1 VIのものと思われるカメラ仕様に関する情報がWeibo上で発見された模様です。

Redditユーザーが発見したもので、これ、一見するとXperia 1 Vのカメラスペック。

しかし「ガッカリする気持ちはよくわかります」というコメントともにXperia 1 Vの画像が投稿されています。

つまり、このスペックはXperia 1 Vの次世代モデル、Xperia 1 VIのものという可能性が非常に高いと思われます。

そして肝心のスペックですが、各センサーの名称などが記載されているわけではありませんが、それぞれの主要な仕様を見る限り、少なくともメインカメラ、超広角、前面カメラのセンサーはXperia 1 Vと全く同じものという可能性が高そう

望遠カメラの焦点距離だけ85mm-125mm→85mm-130mmへと微妙に変化していますが、これだと、望遠倍率が若干変わるだけで、望遠性能の大きな進化とは言えません。

ただ、最近はカメラ仕様を1世代ではほとんど変更しないという例は珍しくなく、身近な例では、昨年のGalaxy S22と今年のGalaxy S23のカメラもスペックはほぼ据え置きでした。
(S22 Ultra→S23 Ultraでは、カメラスペックは大きく進化しましたが)

よって、今回の情報の真偽は別にしても、来年のXperia 1 VIのカメラが前モデルからハード的にはほとんど仕様変更なし、という可能性は十分にありそうです。

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント