Xiaomi 13Tシリーズの謎、価格同じで日本以外でも「Leicaなし」版が存在

先日国内でも正式発表されたシャオミの最新モデル、Xiaomi 13TおよびXiaomi 13T Pro。

この13Tシリーズ、欧州版や他の展開地域ではLeica監修のカメラが搭載されている一方で、国内版モデルは「Leicaなし」となっていることは先日もお伝えしました。

しかし今回、このLeicaカメラ非搭載のXiaomi 13TおよびXiaomi 13T Proは日本以外の国でも展開されていることが明らかになりました。

GSMArenaが伝えたもので、これによると、Xiaomi 13TシリーズはチリやナイジェリアでもLiecaカメラを冠さないバージョンが販売されているとのこと。

国内ではシャープがAQUOSスマホのカメラで協業しており、その関係で他社製スマホは「Leica」ブランドを使うことができない。
その為、13Tシリーズでも日本版のみがLeicaカメラが外されている、というのがこれまでの認識でした。

一方、今回の情報ではLeicaを冠したAQUOSが展開されていない日本以外の国でもLeicaなし版のXiaomi 13T/13T Proが存在する、ということに。

また、Leicaあり・なしの違いはレンズだけにとどまらず、「Leica Vibrant」や「Leica Authentic」といったカメラアプリのモードの有無といった違いがあります。

さらに興味深いのはこれらの国での13Tシリーズの価格はLiecaカメラ搭載の欧州版などと価格は変わらない、とのことなので、これについては少し納得いかない部分もあります。

いずれにしても今回のXiaomi 13Tシリーズの「Leicaなし」は同社の国内でのシャープとの協業とは無関係、という可能性が高くなりましたね。

コメント