Xperia 1 Vのゴーストタッチ不具合、最新アップデートで解消へ

ソニー最新フラッグシップモデル、Xperia 1 Vで発生している「ゴーストタッチ」問題。

具体的には、タッチパネルの触れていない部分が勝手に反応するという症状で、当サイトでも以前、お伝えしました。

この問題、いくつか報告が上がっているXperia 1 Vの不具合・バグの中でも最も再現性が高く、発生範囲も広いという印象です。

しかし今回、この不具合が最新のソフトウェアアップデートで改善された模様です。

ソニー公式サイト上に掲載されていたもので、7月分のセキュリティパッチを含む海外版モデルに提供された最新ファームウェア「67.0.A.4.51」で「タッチ・ファームウェアをアップデートしたことで、タッチ反応の問題を改善」とあります。

これはいわゆるゴーストタッチを指しているとみて間違いないと思われます。

なお、国内版のXperia 1 Vはいずれのキャリア版もSIMフリー版もセキュリティパッチはまだ6月分で、7月分アップデートはまだ提供されていません。

ただ、この感じだと国内モデルにもおそらく近日中に同様のアップデートが提供されると思われるので、これで同機種最大?の不具合は改善されることが予想されます。

Xperia不具合・バグ
スマホダイジェストをフォローする

コメント