国内で一番使われているXperiaは?キャリア別ではドコモ版が圧倒的

最近のXperia、と言えば、AQUOSやGalaxyに押され気味で最新の調査では国内シェアでもAQUOSやGalaxyよりも小さくなってしまっています。

一方、話題性という点ではやはりまだまだ強いXperiaブランド。
今回ふと、国内におけるXperiaでの機種別割合ってどうなっているんだろう?という疑問がわいてきました。

もちろんソニーやキャリア、量販店などが各Xperia機種の売上を公表しているわけではないので、正確な情報を得ることは不可能です。
が、ある程度の推定値をすることは可能です。

という訳で、今回は当サイトの過去1か月間のアクセス解析データを基に、国内でのXperiaの機種別分布を調べてみました。

国内で最も使われているXperiaスマートフォンモデルは?

以下は当サイトにアクセスがあったXperiaモデルの内訳:

ご覧のように国内で使用されているXperiaで最も多いのが2世代前(Xperia 1 Vを入れると3世代前)のXperia 1 II
また、Xperia 1 IIIと合わせると全体の1/4近くを占めている計算になります。

一方で、最新のXperia 1 IVはわずか6.7%でXperia 5 IVはさらに少なく3.8%
Xperia 5 IVよりも、ミッドレンジのXperia 10 IVのユーザーの方が多くなっています。

どうでしょう、全体としては意外と偏りがない、という印象ではないでしょうか?

ただ、この統計自体には偏りがある可能性も。

というのも、当サイトの読者さんはスマホへの興味が高い方が多い傾向があります。
そして、スマホに興味のある方、というのはあまり興味のない方と比べると、エントリーやミッドレンジよりもやはりハイエンドを選ぶ傾向が強いと思われます。

よって、全体として統計値がハイエンド側に偏っている可能性も。
そうなると実際にはXperia ACEシリーズやXperia 10シリーズの割合はもっと多い可能性があります。

キャリア別ではドコモ版Xperiaのユーザーが圧倒的

一方、以下はXperiaのキャリア別分布。
(使用回線ではなくXperiaがどのキャリア版か、です)

ご覧のように、Xperiaユーザーの大半はドコモ版モデルを使用しているということになります。
(注:ドコモ版モデル使用=ドコモ回線使用とは限りません)

ちなみに最新の調査によると、回線別のシェアではドコモのシェア率は36.3%。
つまり、多少の誤差はあれど、Xperiaユーザーは他機種のユーザーよりもドコモ版モデルを使用する割合が高い、とも言えます。

個人的にはもう少しSIMフリーモデルが検討するかと思ったので、これは少し意外。

また、機種によってはキャンペーンなどでau版やソフトバンクの方が割安になることもあるので、ここまでドコモ一強というのは少し不自然な感じもします。

ただ、Xperia全盛期は国内ではXperia=ドコモ、という事もあってか、やはりまだまだXperiaユーザーの多くはドコモに残っている、というのは十分にありえそうです。

新型・次期Xperia 最新情報・リーク情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント