2023年の新型プレミアムXperiaでは一部カメラ・スペックが「退化する」とのリーク

ソニーの2023年最初のフラッグシップ、と言えばXperia 1 V。

これまでにも様々な噂・リーク情報が交錯してきましたが、最新の有力情報などから総合的に判断すると、外見は前モデルから大きな変化はなし。
また、「中身」についてもスマホ業界を騒がすような大幅スペック進化はない、というのが大勢の見方となりつつあります。

そんな中、このXperia 1 Vのカメラ仕様に関するものと思われる新情報がでてきました。

2023年の最上位モデルのXperiaではカメラ仕様で退化する部分がありますが、大半の人は気にしないと思います。
理由はおそらくこれがあまり意味のない機能ということ、そして、生産コストを下げることが目的だと思われます。

具体的な機種名には言及されていませんが、「2023年のプレミアムXperia」とのことなので、これはおそらくXperia 1 IVの後継機「Xperia 1 V」を指しているとみて良いと思います。

カメラスペックにおいて「退化」する部分があるとのことですが「あまり意味のない機能」という表現からすると、カメラセンサーなどが「退化」するというよりは何かが「廃止」されるといったニュアンスのようにも思えます。

一方、これまでのすべてのXperia 1シリーズに搭載されてきた広角、超広角、望遠のいずれかが廃止されるというのはまずありえません。

また、せっかく搭載したペリスコープカメラや光学ズームなどを早々に廃止する、というのも可能性が低そう。

廃止してもあまりユーザーが気にしなさそうなもの、となると、ToFセンサーである可能性が高いように思えます。

なお、この「退化」の理由については「生産コスト削減」が有力とのことですが、次世代Xperiaフラッグシップの価格が前モデルより下がる、というは以前よりチラホラ。

ToFセンサーの非搭載だけで大きく価格が下がるとは思えませんが、少なくとも今回のXperia 1 IVのようなびっくり価格にはならなそうですね。

ソース:Weibo via Esato

Androidスマホ全般
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました